複数年にわたって苦しめてくれたIgA腎症。
寛解と言っても、これから死ぬまで慢性腎炎との付き合いは続くわけだし。
厄介なもんにかかった…

どこぞの政治家の先生によると、難病患者は要職に就くなって意見もあるらしいので注意しないと。
ちょっとした塩分バランスで身体を壊す癖があるんで(笑)。

でも、マイナスなことばかりではなくって、いろいろアドバイスをくれた方々やお見舞いに来てくれた方は大切な人として認識できたし、何より「治らない病気」と向き合うことで残りの人生をより有効に使おうって考えがより一層強くなった♪

高校時代にIgA腎症にかかった兄貴を見ていても、健康に気遣っている様子は皆無だし、親父ほどとは言わないまでも好きなことして、好きなもの食べて生きている。
ダメなんかな、兄貴みたいに好きなもの食べて過ごしたら。すぐに人工透析が待ってるのかな(汗)。

一応推算GFRって数値で残りのろうそくの長さは教えてもらっているけど、無茶したら瞬間燃え尽きるんだろうか…

あ~、カップラーメンが食べたい(笑)。

Leave a Reply