いよいよM40最終日。最後の振り返りは、いつもにもまして強烈です。一般的な過程でお過ごしの方は引き返してください。

つい先日のことなので気持ちの整理もついていないような、整理する気もないような親父の死ですね。
自分の好きなようにならないと暴力で解決する、『人としてどうよ』な人でした。

躾とは殴る、蹴る、踏む、バットで叩くは当たり前が、世の中では普通ではないと知ったのは中学時代。友人との会話がかみ合わないことで現実を知った。
兄貴は自分の10倍は暴力を振るわれていたので、どちらかと言うと殴られないようにずるく生きてきた。
波風を立てず、親父が『今中』を褒めれば褒め、ゴミ呼ばわりしても「うん、うん」と頷いていた。親父の趣味の後片付けは全部我々の仕事だった。

でも45歳にもなろうというのに陸上競技を続けているのは親父のおかげかもしれない。
中学で部活を決めた時に言われた言葉。「陸上なんていつまで続くだか。野球をやらん男はクズだからな」と吐き捨てられたのはこの歳になっても忘れることができないし、親父が生きている間やり続けたことで一つ肩の荷が下りた気がしているのも事実。w

親父と折り合いが良くなかった知り合いはたくさんいる。亡くなってからは良い思い出になることが多いことも知っている。
でも無理だ。わたくしは無理~~~。
良くも悪くも親父の存在は忘れることなく語り継がれていくことだろうさ。
もう、全身の痛みもなかろう。ゆっくり寝てくれ。

Leave a Reply