月曜日にアップした国体予選の動画が物議を呼んでいるとかいないとか…

少年女子の400mHで写判が止まってしまった件。
ゴールタイマーがスタート時から動いていなかったと聞いたので、「動画で確認ですね」なんて言っていたのだが、やはり動いていなかった。
ゆえに動画内でチラッと「動いていない」とコメントを付けたところ、とある先生から「あれ、堀田さんの動画?」と。
マスターズで審判をしているのでそういう時のキツさは良~く理解しているし、競技者としてレースを走った挙句タイムがないなんて時の「嘘だろ?」も理解できる。

あの動画で陸協関係者や審判を責めているつもりもないし、そんなことに意味がないこともわかっている。
でも、国体予選のレースに勝ったのにタイムがないから選考外なんて話しになったら、泣くに泣けないのは選手本人。

だから、手間がかかったけどお手製のタイマーを付けて参考程度にタイムがわかるように工夫はしてみた(参考タイムにもならないのはわかっている)。
その挙句、速攻で低評価付けられるとちょっと凹む。
みんなが嬉しい動画ってやっぱり難しいもんですね。

Leave a Reply